頬骨インプラント、合併症がほとんどない耐久性のある長期的なソリューション

頬骨インプラントの成功率はどれくらいですか?

頬骨インプラントの概要

頬骨インプラントの安全率についてお話しする前に、この治療の選択肢についてざっと説明しておきましょう。頬骨インプラント は、極度に骨が少ない場合の安全な治療法です。 頬骨インプラントの合併症はまれです。 頬骨インプラントは、固定式の人工歯一式を数か所で支えるための支台となります。 さらに重要なのは、頬骨インプラントが、通常の歯科インプラントを埋入するための骨がない患者さまのための最先端のソリューションであることです。 正確な診断を行った後、 手術を行い、その24時間以内に固定式の人口歯一式を装着することが可能です。 この治療法により、実用的にも審美的にもすぐに正常な生活を取り戻すことができます。

頬骨インプラントの成功率

長年にわたり、科学界では頬骨インプラントの成功率が高いことが報告されてきました。 現在、頬骨インプラントの合併症はほとんど観察されていません。 さらに過去10年間には、頬骨インプラントの埋入が骨移植よりも安全で結果の予測がしやすいものとなりました。 ZAGAセンターでは、インプラントの成功度を検討するスペシャリストを交えて、多数の症例をもとに、さらに患者さまの健康と快適性についての厳しい基準を考慮しながら評価を行います。

ZAGAセンターにとって、頬骨インプラント治療の成功は、患者さまの生活の質を向上することにほかならないのです。 実際、頬骨インプラントを希望される患者さまに一番多い悩みは、取り外し式の入れ歯を使っているうちに次第に生活の質が低下してきたことです。 頬骨インプラント治療にで得られる一番の成果は、固定された歯を手に入れられることです。 こうしてわずか24時間で優れた生活の質を取り戻すことができるのです。

患者さまの治療計画には、1年ごとの経過をみるための診察が少なくとも1回か2回含まれています。 歯科専門医が患者さまの状態や満足度や生活の質をチェックし、固定された一式の歯の清掃を行います。 このときに歯肉組織の健康状態などもチェックします。 これらの1年ごとの経過観察のご来院により、万が一併発症が起きた場合にも早期の治療が可能です。

併発症について

どんな外科手術でもそうであるように、この治療にも若干の併発症のリスクがあります。 ZAGAセンターのスタッフはそのための訓練を受けており、併発症の予防のための知識を備えています。 最も一般的な併発症は、副鼻腔炎と歯肉の退縮です。 しかし高度なZAGA技術と患者さまの形状に合わせた頬骨インプラントの設計により、これらのリスクを最小限に抑えることができます。 専門医は併発症を治療するのではなく、まずそれを予防することを目指します。 ZAGAセンターの予防重視のアプローチは、それぞれの患者さまの治療を長期的に成功させ、ご満足いただくために非常に重要です。 そして最後になりますが、ZAGAセンターでは、他の歯科医院から依頼を受けて、他で発生した複雑な問題を解決するための治療を行うこともあります。

頬骨インプラントの併発症

頬骨インプラント治療の概要

まず何よりも頬骨インプラントは極度に骨が足りない患者さまで、また固定歯にしたいとお考えの方のための治療法です。 最大4本までの長いインプラントを頬骨に埋入し、人工歯一式の支えとします。 治療のねらいは、各患者さまの生活の質の向上です。 治療計画は、各患者の歯の歴史と個人の目標に適応します。 そのため、手術の結果起こりうる頬骨インプラントの併発症について検討することが不可欠です。

頬骨インプントにより起こりうる併発症

どんな手術でも併発症が発生する可能性があります。 ZAGAコンセプトは、頬骨インプラントの併発症を治療するのではなく、その予防を目指しています。 さらに、併発症の治療で他の歯科医が対応しきれない場合にもZAGAセンターにが治療を引き受けます。 最も一般的な併発症は、歯肉組織の退縮と慢性の副鼻腔炎です。 頬骨インプラント治療のねらいは、歯や骨を失ったことでQOLが低下した患者さまそれぞれの生活の質を取り戻すことです。 頬骨インプラントの併発症は、患者さまの日常生活の質を低下させます。 ZAGAセンターはそのような併発症を予防した経験を持っています。

ソリューション

何よりも、ZAGAコンセプトは、他の外科技術を使ったために生じた頬骨インプラントの併発症の予防に役立ちます。 当センターの成功率がその証です。 最終的な生活の質に関しては、患者様が手に入れる人工歯は、お口の中の本来の自然なスペースを占めます。 その大きさは本来の歯にかなり近いものですので、審美的にもケアや衛生的にも向上します。 さらに、年に1~2回ずつ各ZAGAセンターがそれぞれの患者さまをフォローアップし、衛生管理や生活の質を評価します。 問題なく食べたり噛んだりできますか? 今の自分の笑顔に満足していますか? 痛みは次第に弱まっていきましたか? これらは治療の長期的成功には欠かせない質問です。 最後に、もしあなたが今頬骨インプラントの併発症でお悩みなら、ZAGAセンターが悩みを解消すべく最善を尽くしてお助けします。

頬骨インプラント治療が失敗することはありますか?

どのくらいの確率で起こりますか?

一言で言えば、頬骨インプラント治療の成功率は高いです。 全体として、過去20年間で増加しており、骨移植を使用した治療を数年前に克服しています。 頬骨インプラント治療が失敗することは稀です。 各頬骨インプラントは、各患者の歯の病歴が固有であるため、固有です。 頬骨インプラント治療は、極度に骨が減っている患者さんのための唯一かつ最後の手段です。 例えばインプラントの脱落や長期にわたる取り外し式義歯の使用が骨不足の原因であることがあります。

頬骨インプラント治療には、頬骨に1本から4本までのインプラントを埋入し、そのインプラントに支えられる形で固定歯を装着します。 どんな外科手術でもそうであるように、常に併発症のリスクがあります。 ですから、そのような併発症を防ぐことがZAGA センターの目標です。 当センターは経験が豊かで、最大限に安全な治療を提供できるよう、ネットワーク体制で皆が常に弛まぬ勉強を続けています。 また、この分野のエキスパートとして地元の歯科医院の元で併発症が発生したときのサポートも行います。

頬骨インプラント治療が失敗した場合、どんなソリューションがありますか?

頬骨インプラントの埋入に成功しなかった場合に対処するには、いくつかの方法があります。 歯が脱落し、現在骨も極度に少なくなっている患者さまには、固定歯を復元するチャンスは一回しかありません。 従って、このような場合には最初の一発で成功させなければいけません。 極度に骨がない場合の頬骨インプラントでの修復には、高度に専門化した医療施設に依頼するのが一番なのはこのためです。 ZAGAセンターのスタッフは高度な訓練を積んでおり、難易度の高いさまざまなケースにも対応できる体制を組んでいます。

徹底的な診断、それぞれの患者さまに合わせてカスタマイズした治療計画、経験豊かな専門医のチームが、治療の成功に欠かせない要素となります。 ZAGAセンターには、歯科におけるさまざまな専門分野のエキスパートが揃っています。 生活の質、疼痛管理、社交生活、審美といったあらゆる局面の問題に対処できる治療を提供します。 ですから、これらの専門医のチームは、他に可能な治療法がない場合に限り、頬骨インプラントを勧めます。 治療はできるだけ侵襲性が低く、保存できるものは努めて保存するようにします。