頬骨インプラント治療

頬骨インプラントとはどんなもので、何のためのものですか?

定義

頬骨インプラントでは、通常のインプラントよりも長いインプラント体を使用します。 それらは、口の周りの骨量を失っている人々のために顔の骨のより高いところに接続し、頬骨インプラント治療の重要な要素を表しています。 具体的にいうと、頬骨に埋め込んで固定します。 頬骨の顕著な特徴の一つは、顎の骨とは異なり、歯(または歯科インプラント)が抜け落ちることによって骨量が減ることがないことです。 頬骨は経年により劣化したり喪失したりすることがありません。 上顎骨萎縮の原因にはいろいろあります。 上顎骨萎縮には、取り外し式の入れ歯の使用によるものと関連する併発症によるものが含まれます。

歯科頬骨インプラントの使用および適応

骨が極度に不足しているために通常のインプラントの埋入が無理な場合、頬骨インプラントに固定式の一揃いの人工歯を装着することができます。 ですから、この場合の歯は固定された義歯であり、取り外し式ではありません。 実用的にも審美的にもグンと質が向上し、ひとりひとりの患者さまが本来の生活の質を取り戻すことができます。 わずか24時間のうちに手術を行い、インプラントに一揃いの歯を固定します。 それぞれの歯科医が、診断・治療プランの立案時に、使用する頬骨インプラントの数を決め、通常のインプラントも組み合わせて使う場合はその数も決めます。 通常、頬骨インプラント治療では2本から4本のインプラントを使用します。

経験豊かな歯科医のみが頬骨インプラントを使用できます。 それは頬骨インプラントには通常の歯科インプラントよりも複雑な手術が必要だからです。 手術の所要時間も通常のインプラントよりも長くなります。 それでもわずか24時間後には、補綴専門医がインプラントに固定歯を装着してくれます。 そして最後には、頬骨インプラントは、骨が不足しているためにインプラントが使えない患者さんのためのソリューションです。 頬骨インプラントを使用することにより、たとえば骨移植による併発症などの予防にも役立ちます。 ですから頬骨インプラントは、極度に骨が少ない患者さんが歯を失った場合にお奨めの治療方法です。 業界で同業者の審査を受けた科学的文献により、頬骨インプラントの信頼性、安全性、長期的な成功が論証されています。 さらに重要なのは、患者さんがこの治療で入れた歯の使い手と審美性に満足されていることです。

頬骨インプラント(サイゴマインプラント)に取り付ける固定式の歯

どのような治療法ですか?

頬骨インプラントが配置された後、通常は処置から24時間以内に、「即時補綴物」と呼ばれる一時的な歯の固定義歯が届きます。 「固定式補綴物」または「固定式義歯」とも呼ばれます。 インプラント上に装着する固定式の人工歯一式です。 彼らはあなたの上歯をすべて回復し、頬骨インプラント治療の重要な部分です。 この人工歯は取り外せないものであり、食事をしたり笑ったりしても、ぐらつくことなく安定しています。 つまり、外れるリスクがないということです。 必要なのは清潔に保つことだけです。 ZAGAセンターでは、固定された人工歯一式のケアを行う上で知っておくべきことを詳細にわたって患者さまにお知らせします。 さらに、当センターでは、毎年チェックアップのスケジュール組んで患者さまをフォローアップし、患者さまによるお手入れが適切にできているかチェックします。

そして施術の4カ月後に、見た目も使い心地も本物の歯とそっくりで安定感のある美しい本歯一式を装着します。 歯の最後のセットは、手術後の歯肉組織の腫れから生じる小さな欠陥を修正します。 本歯を装着するまでは、硬い物を避けた食事をお奨めします。 頬骨インプラントに装着する固定式の歯の主な特徴は何ですか?

頬骨インプラント(サイゴマインプラント)に取り付ける固定式の歯

頬骨インプラント治療中に受け取る固定歯には、いくつかの利点があります。 まず、食事における生活の質を回復できます。 人工歯が外れる心配をせずに齧ったり噛んだりすることができます。 さらにためらいのない笑顔で堂々と振る舞い、社交上の自信を取り戻すことができます。 家族とのディナーから面接に至るまで、固定式の歯のおかげで自信をもって行動できるようになります。

頬骨インプラントに装着する固定式の歯は長持ちします。 歯科医院による定期的チェックアップには、人工歯の徹底的な清掃と非侵襲的な口腔検査が含まれます。 歯科チームは、施術の成果に満足していただけるよう患者さまのQOLの評価も行います。 患者さまは、いつから以前のような笑顔に戻ろうか、と考えるだけでよいのです!

ZAGAやZAGAセンターとは何のことですか? ZAGAザイゴマティックコンセプトとは何ですか?

ZAGAザイゴマティックコンセプトとは何ですか?

ZAGAは、頬骨インプラント治療計画を各患者に適応させることを目的とした哲学です。 ですから、ひとりひとりの体のつくりが異なるものであるという前提を重視するアプローチです。 頬骨インプラントが外科治療に入るとき、各患者の解剖学的構造を完全に理解することが成功の鍵です。 ZAGAは、「ザイゴマ解剖学ガイド付きアプローチ」の頭字語です。 ZAGAコンセプトは、単なる外科のテクニックのみにとどまるものではなく、治療経過全体に影響を及ぼします。 このコンセプトの目的は、各患者の要件と制限に従って各患者の歯の問題を解決し、最終的な生活の質に焦点を当てることです。

ZAGAコンセプトはどこで考案されたものですか?

ZAGAは、歯科分野において最も経験豊かな熟練医たちが打ち立てた技法です。 今から15年ほど前に、これらの歯科医たちが、より侵襲性が低く、患者さまを中心に据えたアプローチで顎の骨が極端に不足している患者さまを助けるためのアプローチの必要性を認識しました。 したがって、これらの患者は標準的な歯科インプラントを受け入れることができず、他の方法は非常に侵襲的で時間がかかるため、頬骨インプラント治療のためにこの効果的な方法を設計しました。

ZAGAセンターのネットワークとは何ですか?

ZAGAセンターは、世界中の認定された歯科および頬骨インプラント治療の専門家です。 このエキスパートたちは、ZAGAザイゴマティックコンセプトについて徹底して学び、この治療法を実践する高度に熟練したチームを備えています。 さらに、彼らはネットワークとして協力して、すべての頬骨インプラント治療の手順の理解と実装を促進します。 それぞれのZAGAセンターは地理的には分散していますが、世界的ネットワークの一員として活動します。 だからこそ、世界中にあるZAGAセンターの数は限られています。 その結果として、ZAGAセンターでは、常に最先端の最良の治療を提供できるのです。 最後になりますが、このウェブサイトのコンタクトフォームをご利用になると、お住まいの国のZAGAセンターへ問い合わせることができます。 選択した場所でチームに直接連絡します。 私どもは、患者さまのお悩みが深刻である場合は特に、個人的なつながりをつくることが不可欠だと考えております。

頬骨インプラント治療には、どのくらい時間がかかりますか?

診断

頬骨インプラントを使用した歯科治療はいくつかの段階に分けて行います。 まず、最初に行うのは、適切で綿密な診断です。 これには、例えばX線撮影と口腔内の探査が含まれます。 患者さまの診断基準が全て満たされていたら、歯科専門医が、患者さまに最も適した選択肢が頬骨インプラントであるかどうかを確認します。 さらに専門医から、治療の流れとメリットと治療の過程に関連するリスクの詳細説明を受けます。 これで治療計画の最初から最後までの完全な概要を知ることができます。

頬骨インプラント治療の外科的手順

頬骨インプラントのための外科手術を行い、24時間後には固定式の仮歯が装着できます。 通常、局所麻酔と全身麻酔のいずれも使われます。どちらを選択するかは、いくつかの要因によって決まりますが、患者さまご自身のご希望も考慮いたします。 手術を受けた翌日には、固定式の仮歯を装着できます。 これで、スペシャリストが提供するガイドラインに従って、手術から回復できます。 頬骨インプラント治療の外科手術により患者さまの人生が変わります

頬骨インプラント治療後の人生

外科手術後、数カ月が経過したら最終の義歯一式を装着し、それにより腫れの引いた歯茎と義歯の間の隙間が埋まります。 最終の義歯一式は極めて機能的で見た目にも美しいものです。 何年間も長持ちします。 毎年、歯科クリニックよりチェックアップとインプラントと義歯の清掃のためのご来院を促すリマインダーが届きます。 この毎年の受診は外科手術を伴うものではなく、30分間ほど歯科医からフォローアップを受けるものです。 特に、外科手術の直後から、生活の質が回復できます。 以前のような生活を再び始めることができるのです。 義歯が外れることを心配せずに、思う存分食べたり、微笑んだり、笑ったりできるのです。 歯科用接着剤はもう必要ありません。 あなたの新しい笑顔を楽しんで、それを世界に披露してください!